本文へ移動

i-Construction

i-Construction

i-Constructionとは

「i-Construction」とは、建設工事における調査・測量、設計施工、維持管理のすべてのプロセスでICT(情報通信技術)や3次元データ等を活用し、建設現場の生産性向上を目指して、国土交通省が2016年から本格導入し推進しているものです。
 
、、、つまりは、
 
→UVAや3Dレーザースキャナーを使い3次元点群データを作成。
→3次元データをICT土工機械に取り込み施工しましょう。
→検査は今までのような大量の書類は必要なく3次元データでいいですよ。
ということです。

当社の取組み

当社では、締固めシステムの導入を皮切りに、現在は、UVAや3Dスキャナーによる測量、それらを解析するソフトを導入し起工測量から現場管理、納品まで行います。現場では、自前のICT建機で施工を行います。
測量から施工、納品までの全プロセスを自社で行い、i-Constructionに完全対応します。
岩手県内はもとより、各地でi-Construction、ICT土工を受けたまります。

ICT土工

ICT土工、ICT建機とは

ICT土工とは、ICT(情報通信技術)を土木工事の分野に導入した情報化施工です。施工段階でICTを活用することで作業の効率や質の向上を目的とします。
 
そこで必要となるのがICT建機です。
 
MG(マシーンガイダンス)/MC(マシーンコントロール)と呼ばれる建設機械で機械の位置情報を利用し操作の補助又は制御を行います。
まず、衛星データ又はTS等の測位手段を用いて建設機械の位置を特定し、設計データと現地盤測量データとの差を建設機械操縦席のモニターに表示し作業を補助するのがMGです。MCはMGに油圧制御のシステムを加え、施工箇所の3次元設計データを利用して機械をリアルタイムで自動制御しながら施工を行う技術です。

ICT建機(当社保有)

現在、当社ではICT土工対応機械(土工ローラー、バックホウ、ブルドーザー等)を計15台保有し、自社施工で工事を行っています。
ICT土工に必要な測量から解析、施工まで自社で行っているため何処かにトラブルがあった場合は迅速に対応することができます。

i-Construction対応ソフト

MAGNET Collage

UVA・レーザースキャナーなどで取得したデータを点群化

Agisoft Metashape

静止画像から高密度点群データを自動生成

EX-TREND武蔵

設計図面を3次元化。i-Constructionをサポートします

TREND-POINT

点群データの加工や断面作成、土量計算等をおこないます

CIVIL3D

作図、設計、施工図書の作成を行います
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0198-62-3053
i-Constructionに興味がある方、始めてみたい方サポートしてほしい方
さらに施工関しても気軽にお問合せください
 
お電話でのお問合せもお待ちしております
(担当 佐々木俊悦)
2020年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
営業時間 8:00 ~ 17:00
TOPへ戻る